演劇は大学生の初心者でもはじめられる?オーディションや劇団情報も

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

演劇をやってみたい大学生です。初心者でもはじめられますか?

はい、演劇は大学生からでも、初心者でもはじめられますよ。

普段テレビや舞台で観ている俳優さんたちのように、自分も演劇をやってみたい…密かにそんな思いを抱いている人は多いのではないでしょうか?

実は私もその1人です。小さなころから演劇に興味はありましたが、なかなか一歩を踏み出せずにいたので、あなたの不安はよく分かりますよ。

この記事では、大学生の初心者でも安心して演劇をはじめられるよう、大学との両立についてや演劇を実際にはじめる方法について紹介します。

また、オーディションや劇団についての情報も紹介しますよ。

この記事を読んで、一緒に演劇への一歩を踏み出しましょう。

スポンサーリンク

演劇を大学生が初心者から安心してはじめる方法

演劇をはじめてみたいけれど最初の一歩が踏み出せない…という大学生の初心者さん、以下2つの方法が分かれば安心してはじめられませんか?

  • 学業と演劇を両立する方法
  • 大学生の初心者が演劇をはじめる具体的な方法

これから1つずつ丁寧に説明していくので一緒に確認していきましょうね。

学業と演劇を両立する方法

演劇をはじめたら、大学に行く時間がなくなって卒業できない…となってしまうのは困るなあ…


はい、きちんと大学も卒業できるよう、ここでは学業と演劇を両立する方法について説明します。

  • 履修(りしゅう)する授業を工夫する
  • 大学の勉強は手を抜かずにしっかりやる
  • 長い休みを最大限活用する


・履修(りしゅう)する授業を工夫する

学業と演劇を両立させるためには、時間配分がとても重要になってきます。

例えば、1限、3限、5限、といった履修(りしゅう)の仕方より、1限から3限まで続けて履修(りしゅう)した方が早く大学が終わりますよね。

早く大学が終われば、早く終わった分の時間を演劇に充(あ)てることができます。

また、平日に演劇のレッスンなどがある場合は、レッスンがない日に集中して授業を入れて、レッスンの日は学校をお休みにする、という工夫もできますよね。

大学は、高校までとは違い、ある程度自分のスケジュールに合わせて授業を履修(りしゅう)することができるので、最大限活用して演劇との両立を目指しましょう。


・大学の勉強は手を抜かずにしっかりやる

せっかく学業と演劇の両立ができるように履修(りしゅう)する授業を工夫しても、単位を落としてしまったら元も子もありません。

単位は落とさないよう、授業は真面目(まじめ)に集中して受けましょう。

授業を集中して受け、できるだけ授業内で理解したり覚えたりすることを心がければ、その後のレポート作成や試験勉強にかける時間が短く済みます。

また、試験前の勉強と演劇の活動は、両立することが特に難しいですが、ここが頑張り時です。

取得した単位が増えれば増えるほど、確実に翌年以降が楽になるので、未来の自分のためだと思って頑張ってください。

・長い休みを最大限活用する

春休みや夏休みなどの長期休みは、大学生に与えられた特権です。

学業と演劇の両立を目指すなら、この特権を最大限に活用しましょう。

長期休みに集中して演劇のレッスンを受けても良いし、仲間と自主製作の映画を撮影することも可能です。

プロの演劇やミュージカルなどを鑑賞するのも勉強になりますよね。

ただし、長期休みが終わったらまた学業と両立する生活に戻ることを忘れずに(笑)。

大学生の初心者が演劇をはじめる具体的な方法

大学生の初心者が演劇をはじめるためには、どんな方法がありますか?

はい、いくつか方法があるので、一つずつ見ていきましょう。

  • 大学の演劇サークルに入る
  • 演技スクールに通う
  • エキストラとして撮影に参加する

・大学の演劇サークルに入る

もし、通っている大学に演劇サークルがあるなら、まずは入ってみることをおすすめします。

大学の演劇サークルなら、活動場所が大学構内であることが多いため移動の時間的ロスがなく、学業と演劇の両立にはうってつけでしょう。

また、公演会を行う場合も学校の設備や機器を借りられることが多いため、出費を最小限に抑えて演劇活動を続けることができます。

ただ、一口に大学の演劇サークルと言っても、コンセプトや方向性はまちまちなので、自分と合わない可能性もあることは理解しておきましょう。

・演技スクールに通う

大学生や社会人を対象に、夜間や休日にレッスンを行っている演技スクールが多数あります。

本格的に演劇の勉強をしたいなら、スクールに入ってプロの指導を受けるのがやはりおすすめです。

演劇の基本である発声や姿勢などのスキルが体系的に学べるので、確実にステップアップしたい人には特におすすめですよ。

また、スクールに入っているとオーディションのチャンスが巡(めぐ)ってくることもあります。

合格すれば舞台の仕事がもらえたり演劇事務所に所属できたり、さらに可能性が広がるでしょう。

・エキストラとして撮影に参加する

実際にプロの俳優さんが演じるところを見て勉強したい人や、撮影現場の雰囲気を知りたい人は、エキストラとして撮影に参加することがおすすめです。

たとえその撮影であなたのセリフはなく、立っているだけや歩いているだけであったとしても、得ることはたくさんあると思いますよ。

大学が試験休みや長期のお休みのときなど、時間があるときに積極的に参加してみましょう。


大学生の初心者が演劇をはじめるときに知りたいポイントを紹介しました。

学業で忙しいから演劇はできない、と決めつけてしまうのではなく、どうしたら学業と演劇を両立できるか、と考えてみると、できそうな気がしませんか?

私もはじめの一歩を踏み出すまではドキドキでしたが、やってみれば意外とできるものですよ。

あのとき思い切った私はえらい!と今でも思っています(笑)。

思い切って演劇の世界に飛び込んでみましょう!応援しています。

演劇をやりたい大学生におすすめのオーディション

趣味で演劇を楽しみたいなら大学にある演劇サークルでの活動で十分ですが、将来は演劇を仕事にしたい、と考えているならオーディションを受けることが近道でしょう。

ここでは大学生が受けられるおすすめの演劇オーディションを紹介します。

  • ワタナベエデュケーショングループの「大学生限定オーディション」
  • キャストパワーネクストの「平成生まれ限定オーディション」
  • アイ&グレイスの「スター☆爆誕オーディション」

・ワタナベエデュケーショングループの「大学生限定オーディション」

俳優さんだけでなく、お笑い芸人や声優まで多数の有名人が在籍する芸能事務所のオーディションです。

大学生限定オーディションの概要と特長

・芸能事務所に所属していない健康的な大学1~4年生の男女が対象

・俳優、声優、お笑い、モデル、タレントなど募集のジャンルが広い

・対面でのオーディションは全国で開催される

・オンラインでのオーディションも開催されているので、自宅で気軽にオーディションが受けられる

・合格した場合のレッスン料は有料だが、特待生になれば全額免除

大学生限定、というのがプレミアム感があって素敵ですよね。

しかも、オンラインオーディションがあり、忙しい大学生にはとても助かります。

オーディションの申し込みもインターネットでできるので気軽に応募できますよ。

迷っているなら、一度お試しのつもりで受けてみてはいかがでしょうか。


・キャストパワーネクストの「平成生まれ限定オーディション」

多数の実力派俳優が所属する芸能事務所が、平成生まれの人限定オーディションを実施しています。

平成生まれ限定オーディションの概要と特長

・特定の芸能事務所と契約をしていない、平成元年~26年に生まれた心身ともに健康な男女が対象

・俳優、声優、モデル、タレントなど幅広いジャンルで募集

・合格すると早速現場に行くことができ、番組出演できる可能性もある

・1人1人にあったスケジュール調整をしてくれるので、学業と演劇の両立が可能

令和の芸能界を作るのは平成生まれの人、という考えから、平成生まれの人だけが参加できるオーディションを実施しています。

平成生まれである大学生のみなさんは、この機会を逃す手はないでしょう。

事務所のスタッフさんと連絡を取り合い、学業と演劇の両立ができるようなスケジュール調整が可能なので、大学生でも安心して応募できますよね。

学業と演劇の両立について特に不安が強い人にはおすすめしたいオーディションです。

・アイ&グレイスの「スター☆爆誕オーディション」

話題の映画やドラマに続々と所属俳優が出演している芸能事務所が、スター発掘のオーディションを実施しています。

スター☆爆誕オーディションの概要と特長

・6歳~60歳の心身ともに健康な男女が対象

・経験は不問で、やる気が重視されるので初心者向き

・俳優、歌手、モデルなど幅広いジャンルで募集している

・オーディションに合格すると、デビューのチャンスがたくさんある

こちらのオーディションは、経験よりも前向きな姿勢や個性などが重視されるので、大学生の初心者でも安心して応募できますね。

経験は重視しない、ということは合格するとしっかりとしたレッスンが受けられる、ということなので、確実にステップアップしたい人におすすめです。

インターネットから気軽に応募できるので、「演劇は初心者だけど大丈夫かな?」と不安に感じている人はお試しのつもりで受けてみてはいかがでしょうか。


演劇をやりたい大学生におすすめのオーディションを紹介しました。

芸能事務所は、常にダイヤモンドの原石を探しているので、オーディションのチャンスはたくさんありますよ。

はじめてオーディションに応募するときは緊張してしまうかも知れませんが、誰でも最初は初心者です。

少しだけ勇気を出して応募してみれば、大きく世界が変わるでしょう!

演劇をやりたい大学生におすすめの劇団

大学生のうちからしっかりとレッスンを受けて将来は演劇で食べていきたい、とはっきり決まっているのなら、劇団に所属するのが良いでしょう。

ここでは、演劇をやりたい大学生におすすめの劇団を紹介します。

  • 劇団ひまわり
  • 劇団東俳
  • テアトルアカデミー

・劇団ひまわり

60年以上にわたり俳優を輩出し続けている劇団の老舗です。

劇団ひまわりの特長

・全国にある養成所の中から希望の場所でレッスンが受けられる

・年齢やスキルによってレッスンが細かく分けられているので、自分に合ったレッスンが受けられる

・スキルが上がるとともに、より専門性の高いレッスンを受けるようにカリキュラムが作られているので、確実にステップアップできる

テレビを観る人なら恐らく誰でも知っているであろう、おなじみの劇団ひまわりですね。

安定の老舗なので、安心して学業との両立をはかることができるでしょう。

実は私が最初に演劇をやりたいと思ったきっかけが、小学生向けの雑誌に載っていた劇団ひまわりのオーディション募集について書かれている記事でした。

当時は母に反対されてオーディションを受けることはできませんでしたが、ドキドキ夢を膨らませていたことを今でも覚えています。

今チャレンジしたいと思っている大学生さん、後悔しないように応募しましょうね!

・劇団東俳

こちらも劇団の老舗ですね。誰もが知っている有名人が多数在籍しています。

劇団東俳の特長

・レッスンは週に一回で、通いやすい曜日を都合に合わせて選べる

・演技の他にもダンスや音楽など色々なレッスンがあり、色々なスキルが身につく

・通うのが難しい人にはオンラインレッスンもあり、通うレッスンとの組み合わせも可能

劇団東俳は、きめ細かいレッスンに定評のある劇団です。

年代別、スキル別にクラスが分かれているので、常に自分に合ったレッスンが受けられるのが魅力ですよね。

また、オンラインレッスンの制度があるのも助かります。

無理なく学業との両立をしたいと考えている人は検討してみてはいかがでしょうか。

・テアトルアカデミー

赤ちゃんモデルの事務所として印象が強いテアトルアカデミーですが、大人も多数在籍しています。

テアトルアカデミーの特長

・テアトルプラスの演技レッスンはオンラインで受講するので無理なく続けられる

・技能の検定試験を受験する必要があるので、明確な目標を持って学べる

・業界初のオンラインキャスティングシステムを導入し、家にいながら仕事を貰えるチャンスがある

テアトルアカデミーの特長は、何といってもオンラインを駆使(くし)したシステムを導入していることでしょう。

レッスンを好きな場所で受けられるだけでなく、仕事の指名もオンラインで受けられるのは、忙しい大学生には大助かりです。

インターネットネイティブ世代と言われる大学生の皆さんには強い味方ですよね。


演劇をやりたい大学生におすすめの劇団を紹介しました。

劇団側も将来有望な大学生に来て欲しいので、大学生が続けやすいよう様々な工夫をしてくれています。

学業と演劇の両立は大変ですが必ずできますよ。夢に向かって頑張りましょう!

まとめ

・演劇を大学生が初心者から安心してはじめるためには、学業と演劇を両立する方法と、大学生の初心者が演劇をはじめる具体的な方法が分かれば良い。

・学業と演劇を両立する方法には、大学の勉強は手を抜かずにしっかりやる、長い休みを最大限活用する、などがある。

・大学生の初心者が演劇をはじめる具体的な方法には、大学の演劇サークルに入る、エキストラとして撮影に参加する、などがある。

・演劇をやりたい大学生におすすめのオーディションは、大学生限定オーディション、平成生まれ限定オーディション、などがある。

・演劇をやりたい大学生におすすめの劇団は、劇団ひまわり、劇団東俳、テアトルアカデミーである。

新しいことにチャレンジするときは、誰でも不安になるものですよね。

特に、自分のまわりに経験者がいない場合はなおさらです。

でも、少しの勇気で未来が大きく変わることを考えたら、やってみようと思えますよね。

皆さんの夢が夢で終わらないよう、かなうことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました